×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


MANA meets Blue Bajou Official Web Site

トップ スケジュール プロフィール バイオグラフィー ディスコグラフィー リンク コンタクト

MANA meets Blue Bajou・オフィシャルブログ MANA meets Blue Bajou・オフィシャルマイスペース MANA meets Blue Bajou・ミクシィコミュニティ heartone project・公式サイト




神林亮太(カンバヤシリョウタ/Bass)
神林亮太
生年月日 1987年5月3日
血液型 O型
サイズ T.168cm/W.58kg
出身地 神奈川県藤沢市
趣味・特技 ゲーム/ネットサーフィン/ラーメン屋めぐり/野良猫鑑賞
フェイバリットアーティスト EGO-WRAPPIN'/Jaco Pastorius/Marcus Miller/Victor Wooten/ドビュッシー/爆ちゅー問題

○略歴
出来事
2006 04 PANスクールオブミュージック入学。河原秀夫、村上聖らに師事。在学中からプロミュージシャンとして様々なバンドや歌手のサポートベーシストを務める。
2007 09 MANA meets Blue Bajouに加入。
2009 02 Street Ratsを結成。

○愛器
Brand:Fender Japan
Model:AJB-DMC
Color:FLB

中古楽器店で一際輝いていた本器に一目惚れし、試奏僅か3分で衝動買い。
2010年8月からメインベースとして愛用している。
ブリッジをチタン製に換装。
JB75から外して部屋の片隅に放置していたフィンガーレストを、ピックアップ間に装着するなどの工夫が施されている。
Brand:Fender Japan
Model:JB75US/FC
Color:OLB

音楽専門学校入学時にヴァイオリンベースを所有していたが、ビートルズファンだと誤解される事が多く、同器を手放して購入したジャズベース。
購入の決め手となるほど格好良いと思ったピックアップフェンスが演奏時には邪魔となり、結局外すハメになる。
同じく格好良いと思っていたブリッジカバーも存在意義を理解できないほど邪魔に感じて外す。
ピックアップをEMGに換装し、バッテリーボックスをザグリ加工。
ブリッジをバダスベースII に換装。
ネックジョイントのボディ側を、ハイポジションを弾き易くする為に削るなど、随所にこだわりと工夫が見られる。
Brand:Goodfellow
Model:Classic Bass 5strings
Color:-----

2008年頃主に使用していた5弦ベース。
MANA meets Blue Bajouでは同時期のライブと「灰色な気持ち」のレコーディングで使用された。

○楽曲提供・サポート等他アーティスト作品への参加
アーティスト名 楽曲名・作品名 担当 レーベル 特記事項
2011 02 Street Rats

Fired(ALBUM)

B 山石本RECORDS 全曲参加
2011 07 伊藤麗子/石山悦子/森とし子 Trois Muses(ALBUM) B サウンドスリープ M-1・3・6・7・8・9・10・12・14に参加
2012 04 池田彩 Story Arr/B/Pf UNION MUSIC JAPAN
【担当欄略号ガイド】Arr:編曲/B:ベース/Pf:ピアノ

※楽曲提供・サポート等のご相談はコチラまでお気軽にどうぞ!

○LINK
Street Rats・公式サイト Street Rats
もう一つの神林亮太参加バンド・Street Rats オフィシャルサイト



TOP | SCHEDULE | PROFILE | BIOGRAPHY | DISCOGRAPHY | LINK | CONTACT

(C)MANA meets Blue Bajou. ALL RIGHTS RESERVED.